カーライフ便利サイト

燃費の計算方法


手順はごちゃごちゃしているように見えますが、そんなにメンドイことでもありませんので、是非一度お試しくださいm(__)m

  1. ガソリンを満タンにします
     ※セルフスタンドの場合、「自動で止まってから1回入れて終わり」のように、毎回同じようにしておくと、誤差が少なくなります。
  2. メーターパネルのトリップメーターをリセットします
     ※走行距離が表示されている近くにボタンらしきモノがありますので、それを押してみて下さい。表示が切り替わって「xxx.x(数字)km」という数字が出ているところで、ボタンを長押しすると、表示がリセットされてゼロになります。いっぱいボタンがあるお車では、「RESET」と書かれたボタンでゼロにすることが出来る(はず)です
  3. ガソリンが少なくなるまで、普通に走ります
  4. ガソリンを満タンにして、レシートを受け取ったら、トリップメーターの距離をレシートにメモしておきます。
  5. 次回も燃費を計算したいので、トリップメーターをリセットしておきます
  6. やっと準備が終わりました
以上、ここまでが燃費を計算する準備でした。
あとは、次の計算式で割り算をすれば、燃費計算は終了でございます。

走行距離 q ÷
 ガソリンの量 g
 = 燃費 q/g

例えば、レシートにメモしたトリップメーターの数字が「468.5 q」レシートに書いてあるガソリンの量が「46.85 g」の場合

468.5 q ÷ 46.85 g
 = 10 q/g

で、燃費はちょうど「10.0 q/g」になります。

このようにして、燃費を計算し続けていくと、あるときから急に燃費が悪くなった…どこか故障したのかな? とか、ちょっとアクセルを軽めに踏んでたら、思いのほか燃費が良くなった(^^)v とか、意外なところで役立つことがあります。

もし燃費を計算されたことがない方は、ぜひ一度、愛車の燃費を計算してみて下さい。

以下のリンクより、車種・排気量別の燃費(10.15モードのカタログ値)を調べることが出来ますので、気になる方は調べてみて下さい。

メーカー車名別年間ガソリン代

年間ガソリン代計算機
お問い合わせ
(C)ガソリン代計算機